西アゴネシア日記

元南洋社畜の雑記

お台場から奄美大島までフェリーで行けた頃の話 その3(2日目。東京湾〜鹿児島。)

ということで翌朝。寝て起きたら海の上でした。ですよね。 夜明け前に目覚ましセットして起きた。5時半頃。 中央で煤けているのは船の煙突からの排気。 結局朝日らしい朝日は拝めず。二度寝した気がする。 7時頃には空も海も青色に。 陸地が見えているとネ…

お台場から奄美大島までフェリーで行けた頃の話 その2(東京湾を出るまで)

というわけで出港します。 この船を見送るのはどんな人達なんだろう。 普通にお台場の夜景を越えていく。綺麗。 あっという間に暗くなり、ゲートブリッジが見えてくる。18時半ごろ。 ブレる ということでくぐります。あっという間だった記憶。 見返してもこ…

お台場から奄美大島までフェリーで行けた頃の話 その1(有明から出港)

2013年の9月、休みをとって船で有明埠頭から奄美大島まで行った。 沖縄まで40時間以上かかる国内最長定期航路で、特に奄美大島で何をしようと考えていたわけでは無いのだけれど、2日以上船で過ごすという経験をしてみたいと思った。片道26時間の小笠原行きと…

地の果てカマウ(歌毛)へ行った話 3

その3。最後です。定まりのない旅の2日目。 引き続き頼んだ運転手殿は、眺めのいい公園があるから行くという。 凄いな。軍事施設かよ。昔の映画みたいだ。 ここになります。 高い。 広い。こりゃすごい。来てよかった。 どこまでも緑。地の果てる場所。 疲れ…

地の果てカマウ(歌毛)へ行った話 2

その2 満腹でぼうっとしていたらあっという間についた。とりあえず登ってみる、ということになるであろう展望台。老朽化で閉鎖中。ちゃんと閉鎖するだけ偉い。 水準点にたどり着いた。覗き込むその先には 地味か。 Mui Ca Mau で検索すると出てくる有名なや…

地の果てカマウ(歌毛)へ行った話 1

どこまで行ってもだいたいこんな感じ。カマウ省のカマウ。 もうそろそろ1年以上前の話。在越中に、行こう行こうと思っていた最南端の町。 ホーチミンからは道のりにして335Km、東京から名古屋の少し手前くらいまでの距離しかないが、googlemapでは6時間強と…